2006年 11月 20日
殺気
 先日の津留崎健先生のギャラリートーク後の懇親会でのこと....
 

 懇親会が盛り上がり、少し酔った津留崎先生が私の横にお座りになり、他の方と渓魚の撮影方法などを聴いているときに何気なく...


 「先生、カメラを持っていくと魚が釣れないんですよね....」と冗談半分、本気半分で聞いてみると....


 「それはねぇ〜、魚を釣るぞぉ〜!という殺気が、腕からロッドに伝わり、殺気がフライに表れるのを魚が感知するんですよ....」というような事を言われました。


 魚を釣ってる時は無心で釣ってますが、大きな魚を釣ってカメラに収めようとか、人が見てたり、ましてやカメラやビデオで撮影されているとなると、緊張しますよね。
 そんな緊張(邪念?)が微妙に竿先に出ちゃうんでしょうか?


 ギャラリートークの時にも、アマチュアの方を撮影している時には「相手が緊張されているような時には緊張をほぐすため、カメラを置いて飯でも食べます。」というような話があったのを思い出しました。


 友達に釣ってるところを見られたり撮られるのも緊張するのに、プロカメラマンに緊張しない人も少ないですよね(笑)


 殺気が竿先に出るのはまだまだ修行がたりませんね。


 また、別の話で師匠が言うには「達人は魚がフライに出ても、小さい魚だと合わせず寸止めが出来る!」と言ってましたが、師匠は、5cmくらいの魚を空中に飛ばしているの所をビデオに収めたことがあるので、まだ、達人の息には達していないようです(笑)


 私なんかよそ見してて魚が出たのに気が付かず、師匠に「今、魚が出たのに.....」と言われた言い訳に「今のは小さかったですよ。」と言ってしまいそうですけどね(爆)
[PR]

by gonza_66 | 2006-11-20 19:07 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by Rolly at 2006-11-20 22:00 x
こんばんわ!ありますね~~殺気が伝わってるんじゃないかな??って思うこと。

ランディングネットを新しく替えて持っていく日は釣れない、、とか(^^;
旅館裏の激しぶが、よそ見してフライから目を離した瞬間に出てたり・・・。
Commented by gonza_66 at 2006-11-20 23:20

Rollyさんこんばんわ!
Rollyさんでもあるんですか??
うーーーん、少し安心しましたけど、欲を出しちゃいけないんですよね。平常心平常心。
それが難しいんですけど(笑)


<< シーズンオフには.....      フィッシュクラフト展見学 >>